愛犬のしつけ方を紹介しています。

藤井聡 犬のしつけのポイント

藤井聡さんをご存知でしょうか。
50年以上犬とともに生活し、まさに犬を知り尽くしていると言える
ドッグトレーナーで、警察犬、盲導犬などの訓練も行うほか、
テレビなどの動物番組にも多数出演されている方です。

藤井聡さんが提唱する犬のしつけのポイントはおもに3つです。
この3つの目的は主従関係を築くこと。
犬と飼い主さんのどちらがリーダーなのかはっきりさせることで、
しつけがとてもやりやすくなるでしょう。

1、リーダーウォーク
2、ホールドスティル&マズルコントロール
3、タッチング
だそうです。

1リーダーウォークとは飼い主さんが主導権を握り、歩くと言うことです。
犬の行きたいところへ自由に行かせるのではなく
飼い主さんがしっかりとリードを引き歩かせることによって、
拾い食いや無駄なマーキングを減らすこともできます。

2のホールドスティルは後ろから抱きかかえること、
マズルとは犬の鼻口の部分のことでこの場所を支配すること
(自由に触る、口を開くことができるなど)で、服従性が高まるようです。

3タッチングはスキンシップもかねて、
体のどこを触っても大丈夫な信頼関係を築くことです。

この3つがうまくできれば、散歩の時も、急病の時も
爪切りや薬を飲ませるなどの時にも安心してやれますよね。
まずはこの3つをマスターすることをオススメします。

愛犬のしつけにお悩みなら

日本一のカリスマ訓練士として何度もテレビ出演している犬のしつけの
プロ『藤井聡』があなたにもできる愛犬のしつけ法をお教えいたします。

藤井聡の犬のしつけ

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0