愛犬のしつけ方を紹介しています。

犬の噛み癖をなくす方法

犬の噛み癖にはあま噛みと本気噛みがあり、
痛くないからとなんとなく許していたら成犬になった時に、
人に怪我をさせたり、家具などを噛んだり・・・
と弊害が出てくるかもしれません。

子犬のうちに、噛み癖はしっかりとしつけしておくほうが良いでしょう。

子犬にしても成犬にしても、『噛んだら遊んでもらえない』
『噛んだら嫌なことがある』と言う風に思わせることが一番効率が良いようで、
まず噛まれたら噛まれた手もそのままに、無反応、つまり無視するという方法です。
噛んでもかまってもらえないと思わせます。

また、噛んだら目もあわせず無視をする。
極端に背中を向けたり、その場を離れるなどの大げさな無視により、
噛んだら遊んでもらえないんだ、と言うことを理解させる方法です。

また、大げさに『痛い!!』と犬がビックリするくらいの
大声を出すなども効果があるようです。

どちらにしても、主従関係がしっかりしていないといけないことです。
まずは、犬との主従関係をはっきりさせて、飼い主さんが
犬のリーダーであることを覚えさせる必要があります。

また、噛ませる専用のおもちゃなどを用意し、
それ以外のものを噛ませないようにしつけていけば、
犬のストレスにもならなくて良いかと思います。

愛犬のしつけにお悩みなら

日本一のカリスマ訓練士として何度もテレビ出演している犬のしつけの
プロ『藤井聡』があなたにもできる愛犬のしつけ法をお教えいたします。

藤井聡の犬のしつけ
タグ : ,


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0